基本的な単語とフレーズ

序文

パンドゥニアは誰にとっても比較的簡単になるように設計された国際補助語です。 この実践的なコースを使用すると素早く学習できます。

単語の順序は基本的に英語と同じで、 定冠詞や不定冠詞、動詞「to be」、 単語の形式を変更する複雑なルールがないため英語を話す人はパンドゥニアで基本的な文章を簡単に作成できます。 単数形と複数形または動詞の時制を表現します。

コースは短いレッスンで構成されています。 各レッスンでは新しい単語を1つ紹介します。この単語はレッスン内のいくつかの異なるフレーズで使用されます。 これは単語が文の一部としてどのように機能するかを教えることです。 同じレッスンで他の新しい単語にも出会うかもしれませんが、 一度にすべてを学ぶ必要はないので心配は無用です。 あなたに役立つフレーズを先に覚えてください。残りは無意識のうちにあなたの記憶に残るでしょう。

このコースは1人または数人の友人と一緒に勉強できます。 フレーズを一緒に読んでささやかな会話をしてみてください。 もちろん一人で勉強することもできますが、それでも声を出して会話をすることは意味があります。 今日、明日、明後日など、同じフレーズを数回繰り返します。 昔から「繰り返しは学習の母」と言いますから。

注意:多くのレッスンには発展的な文法の解説や理論も書かれていますが、 これらは興味のある人のためのおまけで 学習には不要です。 最初は読み飛ばしてください。

1. あいさつと基本

salam あいさつ、あいさつする

🙋‍

salam こんにちは。

salam suba! お早うございます!

salam dia! 良い一日を!

salam sham! こんばんは!

salam yam! いってらっしゃい!

salam lai! ようこそ!

salam ga! さようなら!

salam safar! 旅の道中お気をつけて!(=良い旅を)。

salam sona! お休みなさい!

表現の範囲からわかるように、 salam は「~であればよいのにと思う」という 一般的な表現です。いつでも使えます。

Salam は世界中のさまざまな国の宗教的な人々と 非宗教的な人々の両方によって使われる一般的なあいさつです。

【語源】 salam アラビア語:سَلَام “šalom”、ヘブライ語:שָׁלוֹם‏ (šalom)、 トルコ語:selam、ヒンディー語:सलाम (salām)、 スワヒリ語:salaam、インドネシア語:selamat

shukur ありがとう

🙏

shukur! ありがとう!

poli shukur! どうもありがとう!

ya, shukur. はい、ありがとうございます。

no, shukur. いいえ、結構です。

shukur tu. ありがとうございました。

mi shukur tu. ありがとうございます。

mi shukur tu mede mi. 私を助けてくれてありがとう。

shukur tu mede mi. 私を助けてくれてありがとう。

no yau shukur. どういたしまして。

si 有る、並ぶ、です

siは主語と述語をつなぎます。

aple si frute. リンゴは果物です。

【語源】 si 中国語:是 (shì)

mi

🗨️🧑

mi si Sara. 私はサラ(人の名前。以下同じ)です。

mi si Tomas. 私はトーマス(人の名前。以下同じ)です。

自己紹介は mi と名前を言うだけでOKです。 パンドゥニアでは動詞は不要です!

mi salam mama. 私は母にあいさつします。

mi salam papa. 私は父にあいさつします。

salam は名詞として、動詞としても使えます。 パンドゥニアの基本的な語順は「S(主語)‐V(動詞)‐O(目的語)」です。

Sara salam Tomas. サラはトーマスにあいさつします。

salam mama! こんにちは、お母さん!

salam papa! こんにちは、お父さん!

【語源】 mi 英語:me、 ヒンディー語:मैं (meṇ)、スペイン語:mi、スワヒリ語:mimi

tu あなた

🗣️👉👤

tu Tomas. あなたはトーマスです。

mi salam tu. 私はあなたにあいさつします。

tu salam mi. あなたは私にあいさつします。

mi ama tu. 私はあなたを愛します。

【語源】 tu ロシア語:ты (ty)、イタリア語:tu、フランス語:tu、スペイン語:tú

ye 彼、彼女、それ、その人

👥🗣️👉👤

ye si man. 彼は男です。

ye si fem. 彼女は女です。

ye si aple. それはリンゴです。

ye は一般的な三人称代名詞です。 物に対してだけではなく、人(性を問わず)に対しても使われます。

mi salam ye. 私は彼/彼女/その人にあいさつします。

【語源】 ye スワヒリ語:yeye、ヒンディー語:यह (yeh)

sual 質問する

🤔❓

sual tu si Tomas? あなたはトーマスですか?

sual tu si dava ja? あなたは医者ですか?

ヒント:「はい/いいえ」で答えられる質問は sual で始まることが多いです。 これは普通の動詞で、特別な単語ではありません。 実際、上記の質問は mi sual tu si dava ja.(私は尋ねる、あなたは医者ですか?) の 最初の単語を省略しただけです。

sual tu bon? お元気ですか? (文の通り:あなたは元気ですか?)
mi bon. 私は元気です。
sual tu? あなたは?
mi no bon. 私は調子が悪いです。 (訳注:元気か否かは第三者が判断するので自ら言いません)

【語源】 sual アラビア語:سؤال (su'āl)、ヒンディー語:सवाल (savāl)、マレー語:soal、スワヒリ語:swali

ya はい

👍

sual tu Tomas? あなたはトーマスですか?

ya, mi Tomas. はい、私はトーマスです。

sual ye si dava ja? 彼/彼女/その人は医者ですか?

ya, ye si dava ja. はい、彼は医者です。

【語源】 ya 英語:yeah、マレー語:ya、韓国語:예 (ye)、中国語:呀 (ya)

no いいえ、否定

👎

mi no Sara. 私はサラではありません。

mi no dava ja. 私は医者ではありません。

sual tu bon? 元気ですか?
ya. mi bon. はい。元気です。

sual tu bon? 元気ですか?
no. mi no bon. いいえ。私は調子が悪いです。

何かを否定するときは no を使います。 否定する単語の前に置かれます。

ye no salam mi. 彼/彼女/その人は私にあいさつしなかった。

【語源】 no スペイン語:no、 英語:no、フランス語:non.

複数形

複数代名詞は以下のように作られています:
mi (私) → mimon (私たち)
tu (あなた) → tumon (あなたたち)
ye (彼/彼女/それ/その人) → yemon (彼ら/彼女ら/それら/その人たち)

mimon salam tumon. 私たちはあなたたちにあいさつした。

tumon salam yemon. あなたたちは彼ら/彼女ら/その人たちにあいさつした。

yemon salam mimon! 彼ら/彼女ら/その人たちは私たちにあいさつしてくれる。

mimon si fem. 私たちは女です。

tumon si man. 私たちは男です。

yemon si aple. それらはリンゴです。

ke? 何? 誰?

ke? 何?

tu si ke? あなたは誰ですか? (訳注:英語の Who are you? と同じで本来は失礼な言い方です。 tu su nam ke?(あなたの名前は?)の方が良いと思います)
mi si Tomas. 私はトーマスです。

ye si ke? 彼/彼女/その人は誰ですか?
ye si Sara. 彼女はサラです。

tumon si ke? あなたたちは誰ですか? (訳注:これも英語の Who are you people? と同じで良い意味では普通使いません。ただ適切な言い換えが思いつきません。 toti nam ke?(あなたたちの名前は?) では本来の意図から離れてしまいます)

yemon si ke? 彼ら/彼女ら/その人たちは誰ですか?

【語源】 ke スペイン語:qué、ポルトガル語:que、イタリア語:che、ベンガル語:কী(ke)

ni これ

ni si ke? これは何ですか?/何これ?

ni si aple. これはリンゴです。

ni si rubi aple. これは赤いリンゴです。

ni aple si rubi. このリンゴは赤いです。

ni si rubi. これは赤いです。

go あれ、それ

go si ke? あれは何ですか?

go si oranje. それはオレンジです。

go si rubi aple. それは赤いリンゴです。

go aple si rubi. あのリンゴは赤いです。.

go si rubi. それは赤いです。

su ~の(所有する)

ni si ke? これは何ですか?

ye si mi su tele fon gi. 私の電話です。

ni si ke su? これは誰の(物)ですか?

ye si mi su. 私の(物)です。

注:所有助詞 su 所有者と所有物の間に置かれます。 仮定法では mi su は「私の」、 tu su は「あなたの」などの意味になります。

ye si ke? 彼/彼女/その人は誰ですか?

ye si mi su dosti. 彼/彼女/その人は私の友達です。

mi si Sara su dosti. 私は(事実として)サラの友達です。

【語源】 su 英語:’s、スペイン語:su、アフリカーンス語:se

nam 名前

tu su nam si ke? あなたの名前は(何ですか)?

mi su nam si Tomas. 私の名前はトーマスです。

ye su nam si ke? 彼/彼女/その人の名前は(何ですか)?

ye su nam si Sara. 彼女の名前はサラです。

【語源】 nam ヒンディー語:नाम (nām)、 ペルシャ語:نام‏‎ nām、タイ語:นาม naam、インドネシア語:nama、日本語:名前 (namae)、 ドイツ語:Name、英語:name.

ten 持っている、いる、所有している

mi ten bon dom. 私は良い家を所有しています。

ye no ten pesa. 彼/彼女/その人はお金を持っていません。

mi vol ten un nove tele fon gi. 私は新しい電話が持ちたい(=所有したい)です。

sual tu ten ben? あなたは子供がいますか?
mi ten du ben. 私には2人の子供がいます(=2人います)。

sabe 知っている

mi sabe ye. 私は彼/彼女/その人を知っています。

sual tu sabe go jen? あなたはあの人たちを知っていますか?

sual tumon sabe se kon? あなたたちはお互いを知っていますか?(=知り合いですか?)

mimon sabe se kon ze long. 私たちは長い間知り合いです(=私たちは以前から知り合いです)。

mede 助け

mi yau mede. 私には助けが必要です。

sual tu bil mede mi? あなたは私を助けられますか?(=助けてくれませんか?/手伝ってくれませんか?)

sual mi bil mede tu? 私はあなたを助けられますか?(=助けましょうか?/手伝いましょうか?)

mi vol mede tu. 私にはあなたの助けが必要です。

2. 食事中

yam 飲食する、食べる、飲む

sual tu vol yam yo she? いくらか食べる必要がありますか?(=何か食べますか?)

ye yam un aple. 彼/彼女/その人はリンゴを食べます。

yemon yam ba aple. 彼ら/彼女ら/その人たちはリンゴを食べます。

sual tu yam yo kafe? あなたはコーヒーを飲んでいますか?

ya. mi yam yo kafe. はい、私はコーヒーを飲んでいます。

ヒント:yam は「食べる」と「飲む」の両方の意味を持ちます。 最初は奇妙に感じるかもしれませんが、すぐにそれが便利であることがわかるでしょう! 動詞の目的語は食べることと飲むこと、またはその両方です。

mi yam yo kafe e pang. 私はコーヒーとパンを食べています。

vol 欲しい、望む

sual tu vol yam? あなたは食べることを望みますか?(=食べたいですか?)

tu vol yam ke? あなたは何を食べることを望みますか?(=何を食べたいですか?)

mi vol yam yo kafe. 私はコーヒーを飲むことを望みます(=コーヒーが飲みたいです)。

sual tu vol yam yo chai? あなたはお茶を飲むことを望みますか?(=お茶が飲みたいですか?) (訳注:chai は紅茶、緑茶、マテ茶など、お茶全般を指します。区別したい場合は「lugi chai=緑の茶=緑茶」のように形容詞で補います)
no. mi no vol yo chai. mi vol yo kafe. いいえ。私はお茶を望みません。私が望むのはコーヒーです。(=いいえ、お茶はいりません。コーヒーが欲しいです)

tu vol ke aple? どのリンゴが欲しいですか?
ni rubi. この赤いのです。

ching 頼む、お願いする

mi ching tu yam chai. 私はあなたにお茶を頼みます(=お茶をお願いします)。

mi ching tu lai dom. 私はあなたに(私の)家に来るよう頼みます(=私の家に来てください)。

mi ching tu mede mi. 私はあなたに私を助けるよう頼みます(=助けてください)。

ヒント:直接頼む場合は全ての代名詞を除外します。

ching yam chai. お茶をお願い。

ching yam kafe. コーヒーを頼む!

ching lai dom. お願いだから(家に)帰ってきて!

ching mede mi. どうか助けてください。

haida ~しましょう

haida yam! 食べましょう!

haida ga yam! 食べに行きましょう!

haida ga dom. (家に)帰りましょう。

yau 必要

mi yau yo mede. 私は助けが必要です。

mi yau yam. 私は食事が必要です(=お腹が空いています)。

sual tu yau yam? あなたは食事が必要ですか?(=お腹が空いていますか?)

sual tu yau sui? あなたは水が必要ですか?(=喉が渇きましたか?)

3. コミュニケーション

maf すみません、失礼ですが

maf! mi no aha. すみません、私には理解できません。

maf! ni si ke? すみません、これは何ですか?

maf. tu su nam si ke? 失礼ですが、あなたのお名前は?

aha 理解する

sual tu aha mi? (私の言ったことが)解りますか?

mi aha. 解ります。

maf. mi no aha tu. すみません、私には(あなたの言ったことが)解りません。

mi no bas aha tu. 私はあなたのことを十分に理解できていません。

mi aha siro she. 私はあなたのことが全く理解できません。

bil できる、可能

mi bil shofer un kar. 私は車を運転できます。

ye no bil shofer un kar. 彼/彼女/その人は車を運転できない。

sual tu bil shula ye? (あなたはそれを)修理できますか?

sual tu bil pandunia? (あなたは)パンドゥニアを話せますか?

mi bil pandunia. (私は)パンドゥニアを話せます。

mi bil lili da pandunia. (私は)パンドゥニアを少し話せます。

mi no bil english. 私は英語を話せません。

maf. mi no bil tu su basha. すみません、あなたの話す言葉を(私は)話せません

loga ~と言う、話す、喋る

tu loga ke? あなたは何と言いましたが?

mi loga do tu. 私はあなたへ話します。

mimon loga do se kon. 私達はお互いに向けて話しています(=私達は話し合っています)。

mon loga “ネコ” na ke yang na pandunia? 「猫」はパンドゥニアで何と言いますか(=どのように言いますか)?

“ネコ” si ke na pandunia? 「猫」はパンドゥニアで何と言いますか? (訳注:答えは “ネコ” si mau.)

mau loga “nya~”. 猫は「ニャ~」と鳴いた。

audi 聞く、聴く

audi mi! 聞いてください!

mi no bil audi tu. (あなたの声が私には)聞えません。

ching loga mas lika. 大きな声で話してください。

mi audi yo muzika. 私は音楽を聴きます。

tu audi ke yang di muzika? あなたはどんなジャンルの音楽を聴きますか?

vide 見る、~に見える

mi suka vide tu. あなたを見るのが好みです。

vide tu re! 私はあなたをもう一度見る(=またね!)。

vide tu na pos den! 私は明日あなたに会う(=また明日!)。

mi vide ye na chen den. 私は昨日彼/彼女/その人に会いました。

mana ~という意味

ni loge mana ke? この話はどういう意味ですか?

“mau” mana ke? 「mau」はどういう意味ですか?

ye mana un yang da zou. それは動物の一種ということです。

mi no aha ye mana ke. 私はそれが何を意味するか分かりません。

kitabu 書く

ching kitabu tu su adres. あなたの住所を書いてください。

ching kitabu ye na ni. そこに書いてください。

basha (言語を)話す、意思疎通する

sual tumon bil basha pandunia? あなたたちはパンドゥニアを話せますか? (訳注:bil がない場合、話す技術がなく真似事の場合も含んでしまう)

mimon bil basha pandunia. 私たちはパンドゥニアを話せます。

sual tu bil basha nipon? (あなたは)英語を話せますか?

english, france, espanya, portugal, rus 英国人/語、フランス人/語、スペイン人/語、ポルトガル人/語、ロシア人/語

putong han, chosen, indonesi 中国官話、韓国人/語、インドネシア人/語

arabi, turki, farsi, urdu, hindi アラブ人/アラビア語、トルコ人/語、ペルシア人/語、ウルドゥー語、ヒンディー語

suahili, hausa, yoruba, amari スワヒリ人/語、ハウサ人/語、ヨルバ族/語、アムハラ人/語

4. ぐるりと回る

ga 行く、出かける

tu ga ke? (あなたは)どこに出かけますか?

mi ga dom. 私は家に向かいます。

mi mus ga ke? Where should I go?

mi mus ga do ke jen? 私はどこの人へ行かなければならないのでしょうか?

haida ga! 出かけましょう!

haida ga na fute! 歩いて行きましょう!

lai 来る、行く

ching lai! こっちに来て!

tu lai ze ke? (あなたは)どこから来ましたか?

mi lai ze Dubai. 私はドバイから来ました。

mi lai dom na pos den. 私は明日家に帰ります。

safar 旅行する

sual tu safar na tren? (あなたは)列車で旅をしますか?

mimon safar ze London do Paris. 私たちはロンドンからパリへ旅します。

safar tre long. その旅は非常に長いものです。

na ~(の中)で、~上で、~に

hotel na ke? ホテルはどこですか?

hotel na go dau. ホテルはその道にあります。

tu na ke? (あなたは)どこにいますか?

mi na dom. 私は自宅にいます。

ye na ke? 彼女はどこにいますか?

ye side na kamar. 彼は部屋に巣あっています。

mi gong na... ... で働きます。

dom 住む、居住する

tu dom (na) ke? (あなたは)どこに住んでいますか?

mi dom Singapur. 私はシンガポールに住んでいます。

sual tu dom ni hotel? (あなたは)このホテルに宿泊していますか?

ヒント:tu dom ke の代わりに tu dom na ke? と言ってもOKです。 但し dom は「どこかにいる」ことを 含んでいるため na は不要です。

dele 待つ、待ち受ける

ching dele! ちょっと待って!

dele mi! 私を待って!

yemon dele mimon. 彼ら/彼女ら/その人たちは私たちを待ちます。

mi dele tu na hotel. 私はあなたをホテルで待ちます。

5. 時間表現

zai 現在(進行形)

mi zai salam tu su dosti.
私はあなたの友達にあいさつしています。

man zai vide la fem.
男は女を見ています。

ye zai si shefe.
彼/彼女/その人は今チーフです。

ye zai na dom.
彼/彼女/その人は今家にいます。

pas 過去

mi pas salam tu su dosti.
私はあなたの友達にあいさつしました。

man pas vide la fem.
男は女を見ていました。

ye pas si shefe.
彼/彼女/その人はチーフでした。

ye pas na dom.
彼/彼女/その人は家にいました。

le 既に、もう

mi le salam tu su dosti.
私はあなたの友達にすでに挨拶しました。

man le vide la fem.
男はすでに女を見ました。

ye le si shefe.
彼/彼女/その人は既にチーフです。

ye le na dom.
彼/彼女/その人は既に家にいます。

sha 未来

mi sha salam tu su dosti.
私はあなたの友達にあいさつするでしょう。

man sha vide la fem.
男は女を見るでしょう。

ye sha si shefe.
彼/彼女/その人はチーフになるでしょう。

ye sha na dom.
彼/彼女/その人は家にいるでしょう。

6. 取引を行う

don 与える

ching don pesa. お金をください。

ching don ye do mi. それを私にください。

mi don ye do tu. 私はあなたにこれを与えます(=これをあげます)。

mi don buku do yemon. 私は本を彼ら/彼女ら/その人たちに与えた。

ye no vol don ye do mi. 彼/彼女/その人はそれを私にくれませんでした。

kape 得る、つかむ

mi kape un kafe. 私は一杯のコーヒーを得ました。

ching kape un kafe do mi. (私に)コーヒーを一杯ください。

tu le kape pesa ze mi. あなたはすでに私からお金を得ました。

mi kape un bir. 私は一杯のビールを得ました。

kira レンタル、リース、雇う

kira si 50000 yen na mes.
ひと月のレンタル料は5万円です。

ye no bil pei la kira.
彼/彼女/その人はレンタル料を払えなかった。

mi vol kape un kar na kira.
車をレンタルしたいです。

mi vol kira kape un kar. レンタカーを借りたいです。

ye kira don un kamar do safarer. 彼/彼女/その人は旅行者に部屋を貸し(与え)ている。